2007年09月08日

第一衝撃

巷で噂のエヴァンゲリオン見てきました。

エヴァは自分にとって、人の心理に興味を持て、人というものを難しく考えろ、という生きていく上では間違った考え方を(作者の意図関係なく)くれた、素晴らしい作品だと思っています。
いや、物語としても十二分に面白いですけど。



そして今回の映画、簡単に言えば

ああ、エヴァンゲリオンじゃなくてヱヴァンゲリヲンなんだな
マイナーチェンジのリメイク作品ではなく、新作の序章なんだな・・・と言うべきですかね。


今回はまだマイナーチェンジ程度、原作と同じでつまらない部分と、原作と違ってにんまりする部分がある。が、最後から少しずつ違う作品へとなりつつある。

ただ、原作見てない人にしてみれば置いてけぼりを食らうような作品ってのがおおまかな感想。



ネタバレ含む簡潔(手抜き)な感想は続きに
大筋の流れは原作と一緒、だけど6話までのそれを詰め込んだ結果、未見者にはわけのわからない単語がバンバン出てきて、見た人間にとっては同じな上に削られてつまらなくなったと感じる。


サキエルは味気ないほどあっさりやられてしまった感じ。なんか出て十分程度で戦闘終了なサキエルが可哀想だ。エヴァの中で1、2を争うぐらい印象に残っている使徒なのに・・・

使徒の血の描写は原作ではほとんどなかったように記憶しているが、あれはどういう意図なんだろう。こういう考えるところがたまにある。





引っ越す描写なんかはほとんど変わらず、学校行く場面に切り替わったらなんか殴られてた。




シャムシエルは足が(いい意味で)気持ち悪く動いてただけで、戦闘自体変わりなし。身体が残らなかったのは興味深いが




この間の話もほとんど変わらず、綾波の家に行った時はきちんとおっぱい掴むし、乳首(乳輪)券が発行されてます。
でも、その前に冬月教授が「次はもっと接触させてみるか」みたいなことを言ってたので、仕組まれてる感が出てた。





そして、一番変わった点がラミエル戦。


事前に知っていた情報から、していた予想を遥かに裏切る変形っぷり、もう変形じゃなくて変身だよ。
思い出すのがモンスターファームのゲル。原作でのあの無機質さが感じられないほどすごい変化。

それでいてあれ?こんなにすごかったっけと感じた圧倒的火力感がまたタマラナイ。マップ兵器っぷりを発揮したり、山の形状まで変えるたり・・・



ヤシマ作戦も、きっちりラミエルを迎撃しようとしてるように見えるのが感動した。
作戦成功のために、人間が総力を挙げて動いている感じや、集中砲火を浴びせて本来の作戦意図を測らせないようにするとこ、命中→ぬか喜び→反撃食らうってのもよかった。


最大の見せ場はそんな反撃を食らっても、立ち上がってもう一度打ち込もうとするシーン、あのシンジ君には漢を感じた。
今までグレンラガンと比較してしまい、うじうじしてるのが目立つシンジの姿の中で、一番輝いた瞬間。

零号機の防御→第二射の流れも焦燥感と達成感が増していた。



さて、新作としての布石として、この新ヱヴァ:序では色々置かれていますが、特に目立つのは
最初のシーンが旧劇場版のシーンを思い出させるような赤い砂浜であること
ヤシマ作戦直前にミサトさんがシンジにセントラルドグマに安置されている使徒を、リリスとして紹介していること(原作ではアダムと称されたリリスが安置されていた、仮面デザインも変更)
ヤシマ作戦終了後月の場面となり、カヲル君が目覚め、ゼーレのキールと会話し、旧アダム(と称されたリリス)の姿(仮面も)をした使徒が近くにいたこと
その際カヲル君が「また三番目か・・・君も変わらないな」といった感じのこと言っていること

旧作の中で私が覚えていることと比較して、特に目に付いたのはこの辺り。




最後に次回予告。
原作と同じBGMにサービスサービスゥ
だけど内容は新キャラに新エヴァ登場といった情報が織り込まれてた、それだけで興奮が収まらない。
四号機は通常通り消滅っぽい、参号機はやっぱ乗っ取られ?しかし伍号機、月から六号機がやってくるとのこと、量産型のウナギの姿じゃなく、きちっとした姿で。
アスカも来日して、どういう展開になっていくのか、非常に楽しみ。予測がつかないから、非常に楽しみ。




結論、この映画は原作エヴァを見ていない人にはおすすめできません。これはエヴァを見た人間が楽しむ映画です。
やっぱループモノ?って印象を受ける。ループとして、これからどういう展開になるか予想がつかない。
そして、私は確実に全4作を見に行くだろう。それだけのパワーが、この一作には込められていた。
posted by ロイン at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。